INAGO-DX 公演ブログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 情報発信 > 広島アクターズラボ(武田宜裕)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島アクターズラボ(武田宜裕)

舞台芸術制作室 無色透明主催、柳沼昭徳 広島アクターズラボが開講されます!

京都の劇作家・演出家で烏丸ストロークロック代表の柳沼氏を広島に迎えて、
1年間に渡り行われるこちらに、演出補として武田宜裕が講師陣に加わる事が決定しました!

武田は、ドラゴンクラブ『畢生 All one's life.』(2012年)にて柳沼氏と共演を果たしたご縁も☆


講師プロフィール
柳沼昭徳(やぎぬま・あきのり)

京都の劇団「烏丸ストロークロック」代表。劇作家・演出家。
フィールドワークを行いながら現代社会のあり様に立ち向かい、モノローグを活かした心象風景を作品に描き込む事で濃密な舞台を創り出す。
『福音書』で第24回Kyoto演劇フェスティバルKyoto大賞受賞。『八月、鳩は還るか』で第18回OMS戯曲賞最終選考ノミネート。全国各地で高校生から高齢者までを対象とするワークショップや、市民参加劇の脚本・演出も手がける。
昨年の新作「新・内山」の上演台本が、第60回岸田國士戯曲賞最終候補作品にノミネートされた。


2016年4月末までの募集です。ご興味ある方は是非!
スポンサーサイト

Comments

post
Comment form
Copyright © INAGO-DX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。