INAGO-DX 公演ブログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト インタビュー > 【自己紹介&インタビュー】オギエ博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自己紹介&インタビュー】オギエ博覧会

オギエ博覧会 (おぎえ はくらんかい)
■Facebook/https://www.facebook.com/hakurankai.ogie

ogie.jpg

生年月日:1986年4月19日
出身地:富山県

中高6年間演劇部に所属し、部室と図書室と共に青春を過ごす。
社会人になった後も年間3本から5本のペースで様々な舞台に参加し、2012年末よりオギエ博覧会と改名。
舞台活動、ダンスのほか人面粘土細工などの個性的な作品を創り蚤の市で販売するなどアーティストの一面も持っている。INAGO-DXには、前回公演『踊り場があったら踊れない』のオーディションを経て参加。

主な出演作品

■舞台
ガーターユニット向こう見ズ『気まぐれ営業センジモール〜支配人はいつもフユカイ〜 』(2012)
ふらんす座8分間劇場(2013)C.T.T.Hiroshima vol.10『踊り場では踊らない』(2013)
INAGO-DX『踊り場があったら踊れない』(2013)
演劇ちゃんと。『火花みたいに』(2013)
アステールプラザコンテンポラリーダンスカンパニー『CLOSE TO YOU』(2014)
観せ処 口紅水仙『霹靂鸚哥~花曇りの昨今、いかがお過ごしですか?~』(2013)
観せ処 口紅水仙『画竜点睛〜過ぎたるは猶及ばざるはごとし〜』(2014)
ほか多数

【質問1】高校生の時、どこに寄り道していましたか?
大型書店。
取り敢えず単行本の新刊が出てないかチェックして、そっからレシピ本とか週刊誌とかを立ち読んで帰る。
お金に余裕があればゲーセン。
一向に上達しないガンシューティングとギターフリークス。

【質問2】学生時代、卒業後にどんなバイトをやっていましたか?
高校1・2年はケンタッキーでチキン調理。
高3の時はグランヴィアでウェイター。
卒業してから色色やった中で一番楽しかったのは新小学一年生に届ける学習机の配送助手。
ケンタッキー時代に培ったダンボールゴミの処理技術と演劇部での経験を活かした子供の相手(自分の机が来た喜びと興奮でテンションMAX&目がキラッキラな6歳児が作業の邪魔をしないように見張っとく)が余す事なく発揮された3ヶ月。
パートナーを組んでた子供大っ嫌いのベテラン社員さんに『机を組み立てるのは俺がやるから、お前はナビとガキとゴミを頼む』とまで言い放たれる。
信頼されていた模様。
決して机を組み立てるのが下手だったとかでなく。
スポンサーサイト

Comments

post
Comment form
Copyright © INAGO-DX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。