INAGO-DX 公演ブログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 2009年 闇・ヲ・討・ツ THE☆AGAIN > 【自己紹介&インタビュー】INAGO-DX代表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自己紹介&インタビュー】INAGO-DX代表

●名前/武田宜裕(たけだ・よしひろ)

●所属/INAGO-DX代表

●活動履歴/
高校1年生の時からお芝居を始め、
脚本、演出、役者の3足のワラジを自在に履き換えながら今年で17年目。

これまでに執筆した上演用台本の数は19本で、再演ということをシレッと無視すれば、
今回が記念すべき20本目という区切りの作品となる。

【主な執筆・演出作品】
「h.」(Meet The Scenario Writers参加作品)
「樫とオシリと耐用年数(仮題)」(Meet The Scenario Writers参加作品)
「あな」(工房ギルド上演作品)
「バイバイ。」(工房ギルド上演作品、Meet The Scenario Writers参加作品)
「闇・ヲ・討・ツ~デビルな王子といけないナース、箱詰めヤドカリ2万マイルの引越篇~」
(INAGO-DX公演)
「るとらのケモノ」(天辺塔特別公演、中村房絵と共著)
「エレファントヒヒーン
~可愛いボウヤは帰省ラッシュの波間に海に素潜る飛行船の夢を見るでSHOW~」
(INAGO-DX公演)

【主な出演作品】
「ねじれる娘」(黄金山アタック公演)
「血と戀」(比治山ブロック公演)
「びいどろ屋2-吉原心中-」「びいどろ屋3-LOST LOVE-」
(以上、@labelプロデュース公演)
「尾道ラーメン物語」(如水館高等学校上演作品)
「マダムマッシュのマッシュルームショウ!」(Performing Arts Studio Tip!主催公演)

●本公演での担当/脚本・演出・出演・選曲

●本公演に対する意気込み/
イイ歳の大人が何やってんだと言われそうな若気の至り的作品ですが、
イイ歳になるほどやりたい作品です。
老いゆく自分への挑戦の意味も含めて(ホントに体力が限界です、稽古数日で)。
皆さん、一緒に会場で面白がりましょう!


Q「お芝居以外に好きなものはなんですか?」

A「ベタな男の興味として格闘技。特にボクシング。
命賭けて闘う手段が拳2つだけというところが好き。
制約があるからこそ自由というものに無限の想像力が広がるのでしょうね。
ちなみに高校生の時、階段の踊り場でシャドーボクシングをしていて、
ぶつけるはずのない階段の手すりの先に頭をぶつけて大出血して病院に運ばれました。
同じことを自分の部屋でやらかしたこともあります。
エレベーターの前でシャドーボクシングをしていて、ドアが開いた瞬間に乗っていた人に向かって
「シュッ!」と謎の空気音とともに拳を突き出し、最高級に怪訝な顔をされた経験もあります」

--------------------------------------------------------

Q「最近コレを買いました!というものを自慢してください!」

A Image001.jpg

「買いました、ではないのですが、職場の飲み会で行った
岩国市の居酒屋で出てきた巨大アスパラのフライです。
横に置いたツマヨウジと比べるとその大きさがわかります。
ちなみにこの居酒屋は、「串揚げ処」を謳いながら、
大量のカツオの叩きと何故か果物がやたら出て来て、串揚げはこのアスパラと数本だけでした。
岩国駅から徒歩5分、その店しか入っていない雑居ビルを、
明らかに安全点検してなさそうなシン●ラーのエレベーターでリアルにガタガタ、ガタン!
と揺られながら上がった3階にその店はあります」

--------------------------------------------------------

Q「最近切実に感じている『ジンクス』は何ですか?」

A1「朝9時30分にお通じがないと、1日ずっとお通じがない
というジンクスがあります。ただの便秘じゃい」

A2「親の金を食い潰して大学を全部で6つも受けたのですが、
すべて試験の前日に熱を出したというジンクスがありました。
プレッシャーに弱かっただけだろうがい」

A3「バナナの皮を3回ではなく4回でむけたら達成感があり、
2回で剥けてしまうと罪悪感があります。どこがジンクスじゃい」

A4「何度も引越し経験のある私ですが、
私が去った後に何故か町が発展するという神がかり的なことが起きます」

--------------------------------------------------------

Q「今現在の携帯の着信音を教えてください!」

A「携帯内蔵の普通の着信音です。つまらん男ばい!
去年までは「銀座の恋の物語」でした。
昔、着メロではないですが、留守電のメッセージに
「ただいま留守にしておりま…ん?き、貴様誰だ!やめろ!ぐわあ!」
と襲われた風に入れて、ドンビキされた経験があります。うっほい!」

--------------------------------------------------------

Q「私物で一番多いものは何ですか?」

A「持ってる人からしたらたいした量じゃないけどまあTシャツとか。
 お芝居やってると、精神が崩壊してファッションがグダグダになるので、
 一枚で何となくイイ感じに見せる手段として大量に持っとけみたいな感じです。
 何故かキラキラ装飾つきのものをやたら購入してしまうので、
 そうでないTシャツを着てた時に、知り合いに「何かあったの?」と心配されました」
スポンサーサイト

Comments

post
2009-07-15 15:20  祝☆20本目
トロたん #4
こんにちは☆
記念すべき20本目の作品ですか。是非観に行きたいです。ちょっと(かなり)遠いけど・・・。
2009-07-16 01:28  トロたん様!
いなご代表(武田) #5
大変ごぶさたしています。前回の「エレファントヒヒーン(サブタイトル省略)」以来ですね!
いつも見てくださってありがとうございます!
今回1年丸々休止があって、2年ぶりの公演ということになりましたが、老いゆく体と鋭さを増す職場の目と闘いながら、ひたすらクダラナイ発想フル回転で取り組んでいます。
劇場に足を運んでいただけなくても、応援メッセージだけでも感激です。
もしご来場くださったらおそらく卒倒してその場で泡ブーおじさんになってしまうでしょう。
なるべくお芝居の雰囲気をこのブログでお伝えできたらと思ってますので、どうか温かい目で見守りください。
Comment form
Copyright © INAGO-DX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。