INAGO-DX 公演ブログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 2013年 踊り場があったら踊れない > 【自己紹介&インタビュー】武田美由紀

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自己紹介&インタビュー】武田美由紀

Image093.jpg

●名前/武田美由紀(たけだ・みゆき)

●所属/最近ずっと無所属

●活動履歴/
高校演劇部の頃…漫画よんだり、他部に遊びに行ったり、のんびりやってました。
ミュージカルをやっていた頃…ハモられるとつられて歌えないのって致命的。
台本を書いてみた頃…人間の会話って難しいと気づく。
役者やっていた頃…役者に向かない精神状態だと気づくに至る。
スタッフやってる頃…変な小道具作るのが幸せ。INAGO-DXの小道具はイイ!

色々やってみたいのですが、最後までやり切れない残念感。

●本公演での担当/在宅で小道具。

●本公演に対する意気込み/
子育て中なんで、在宅で作業。
その上、ほとんどできずスミマセン。
稽古場行けば、子どもが走ってスミマセン。
しかし、INAGO-DXの芝居は大好きなんで
出来る限り、頑張りたい。
稽古見たい…。

Q 「INAGO-DXの稽古が始まって数ヶ月経ちますが、その間でドン引きしたことはありますか?」
A 役者さんに対しては、昔はドン引きもしていましたが今はもう何みても大丈夫。
それよか、稽古場で、肩車してやった息子が肩でシッコして、我が子にドン引き。

Q 「今年は驚くほどの猛暑が続いていますが、暑さ対策を教えてください!」
A シ―ブリーズを塗りたくって、扇風機前で乾かす。
スポンサーサイト

Comments

post
Comment form
Copyright © INAGO-DX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。