INAGO-DX 公演ブログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 2013年 踊り場があったら踊れない > 【自己紹介&インタビュー】金沢章子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自己紹介&インタビュー】金沢章子

201309180135000.jpg

●名前/金沢章子(かなざわ・あきこ)

●所属/@label

●活動履歴/
十数年前…大学のサークル塔で、主宰の武田氏に出会いました。
中高大学時代は演劇部。
1999年~(財)広島市文化財団(現・広島市未来都市創造財団))勤務をきっかけに、制作の面白さに目覚めました。現在はアステールプラザで演劇事業を担当しています。プライベートでも、いくつかの公演やイベントに携わっています…どうしてこうもエンドレス演劇デイズなのか…

●本公演での担当/
本番10日前…俄然面白くなってきました今作品!!
馬鹿馬鹿しくも愛おしい男たちが“生きることのシンドイ喜び”を優しい劇画タッチで魅せます。十代から、あるいは二十歳の頃から知っている男の子たちもいます。だからどうしても目が細くなってしまうのです…笑(おバアちゃん!?)

●本公演に対する意気込み/

Q 「INAGO-DXの稽古が始まって数ヶ月経ちますが、その間でドン引きしたことはありますか?」
A やっぱり山田健太くんのボトル珈琲ガブ飲み…

Q 「今年は驚くほどの猛暑が続いていますが、暑さ対策を教えてください!」
A 薄着!…で寝ていたらもれなく風邪をひいてしまいました。皆さんゴメンなさい!!!
スポンサーサイト

Comments

post
Comment form
Copyright © INAGO-DX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。