INAGO-DX 公演ブログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 2013年 踊り場があったら踊れない > 【自己紹介&インタビュー】水戸亜祐美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自己紹介&インタビュー】水戸亜祐美

image (5) image (6)

●名前/水戸亜祐美(みと・あゆみ)

●所属/無所属です

●活動履歴/
人生のどこかで演劇部だったわけでもなく、もっさりとプロデュース公演に関わり、写真を撮らせてもらえることに。稽古場で写真を撮ることを生きがいとしている最近です。
「マリーゴールドの女たち」演出部(アステールプラザ プロデュース公演)
「ガラパコスパコス~広島ver.~」スチール(同上)
「ボーダー」演出部(同上)
「父と暮せば」演出部、スチール(演劇ユニット体温)
「煙が目にしみる」スチール(同上)
「発酵」スチール(同上)

●本公演での担当/スチール担当です。

●本公演に対する意気込み/
宮川さんに誘っていただいて、初めてINAGO-DXさんの公演に参加させていただきます!稽古場に行くたびに、どんどんお話の全容が小出しに見えてきて、毎回わくわくしております。そして、撮影が楽しすぎてニヤニヤします。
FacebookのINAGO-DXさんのページに稽古場写真が載っているので是非見ていただければと思います!

Q 「INAGO-DXの稽古が始まって数ヶ月経ちますが、その間でドン引きしたことはありますか?」
A 稽古中に笑い過ぎて撮影が困難になることもしばしばですが、気づいたら思い出し笑いをしている自分にドン引き。

Q 「今年は驚くほどの猛暑が続いていますが、暑さ対策を教えてください!」
A 汗をかいたら風呂に入る!
なんか、おっさんみたいだと自分で思いましたが、クーラーが苦手なので暑い時は暑いままでひたすら汗をかいてます…。
スポンサーサイト

Comments

post
Comment form
Copyright © INAGO-DX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。