INAGO-DX 公演ブログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 2013年 踊り場があったら踊れない > 【自己紹介&インタビュー】梶田真悟

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自己紹介&インタビュー】梶田真悟

kajita.jpg

●名前/梶田真悟(かじた・しんご)

●所属/劇団おべんと箱

●活動履歴/
○高校生の時に演劇部に入り、今は広島県呉市の劇団おべんと箱で役者をしてます。
○広島市内では、天辺塔さんの「赤鬼/売り言葉」でスタッフ、アステールプラザのプロデュース公演「ボーダー」のスタッフしてました。
○INAGO-DXさんは、「闇ヲ討ツ」でスポットライトをあてておりました。照明で。

●本公演での担当/役者です。

●本公演に対する意気込み/
普段は無気力で、よく「眠いの?」と聞かれますが、役者で出るので、それはもう出せるもの出していきたいです。気力。

Q 「INAGO-DXの稽古が始まって数ヶ月経ちますが、その間でドン引きしたことはありますか?」
A 自分の不器用さにドン引きしてます。歩き方がわからなくて考えながら歩くと、同じ方の足と手がでます。
  歩き方がわかりません。

Q 「今年は驚くほどの猛暑が続いていますが、暑さ対策を教えてくださ!」
A 暑さ対策。まだまだ暑くなるから、その時までクーラーはつけないぞとやってるうちに夏は過ぎかけています。
  だから、まだまだ暑くなるんだって思ったら大丈夫ですね。
スポンサーサイト

Comments

post
Comment form
Copyright © INAGO-DX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。